TOP > ハラハラする(ミステリー) > 映画化決定!イニシエーションラブが流行った理由を謎解き!(ネタバレなし)

2015.04.30(Thu)

映画化決定!イニシエーションラブが流行った理由を謎解き!(ネタバレなし)

『イニシエーションラブ』 乾 くるみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハラハラする(ミステリー)

『イニシエーションラブ』

乾 くるみ

読みやすさ:
読みたい!
12

こんな人におすすめ!

・びっくりしたい
・有川浩が好き
・イニシエーションラブの映画見に行きたい

あらすじ

・本好きで真面目な大学生、鈴木は代打で合コンに参加してマユに出会う。
・side‐A(前篇)では、大学生の主人公と歯科衛生士のマユ初めての甘い初恋が書かれる。
・side‐B(後篇)では、東京に配属された主人公と静岡に残ったマユとの遠距離恋愛が書かれる。
・必ず二回読みたくなるミステリーとして、100万部を超える大ベストセラーに!

映画化決定!異例の100万部のベストセラー

皆さんも、一度はイニシエーションラブという小説の名前を聞いたことあるのではないでしょうか?『イニシエーションラブ』と言えば、二回は読みたくなる小説として大人気ですよね。

9784167732011pop1
出典 楽天

皆が面白かったって言うけど、どうしてこんなに人気なの?と思っている貴方へ!
今回はイニシエーションラブが大流行している理由、イニシエーションラブの魅力に迫りました☺

イニシエーションラブ大流行、映画化決定の発端は有田だった?

今ノリにノッテます!イエイ!なイニシエーションラブですが、刊行されたのはなんと10年前なんです!

舞台は1980年代で、主人公のたっくんはマユと連絡を取るときは公衆電話を使っています。今のようにスマホで連絡をとれないし、遠距離恋愛の味方のスカイプもないなんて!

もう小銭がないから電話が切れる!待ち合わせに来ないけど、まさかどこかで事故でもあったんじゃないかしら的な体験はきっと今の若い子は体験することはないんでしょうね。

本書はバブル時代の時代背景や風俗が取り入れられていて、他の小説にはないノスタルジックな世界観を味わうこともできます♪

large (1)
出典 we heart it

しかし、どうして10年も前の小説が、いきなり100万部のベストセラーなったんでしょう?

実は人気バラエティ番組しゃべくり007がブームの火付け役でした。

番組中にくりぃむしちゅうの有田さんが、イニシエーションラブを読み終わった途端にもう一度読みたくなる作品!と大絶賛したのが発端でした。

c2a67eb14d
出典 http://yasusi.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305176754-1

その放送直後の一週間で、イニシエーションラブは本売上ランキング100位圏外から8位に急上昇。

一週間だけで、1.6万部の売り上げをあげました。そこから読者の口コミで人気があがっていった結果、100万部を超える大ベストセラーになりました。

しゃべくり007人気すごいですね~

どうしてイニシエーションラブが人気なの?

どうしてイニシエーションラブがこんなに人気なのか。
イニシエーションラブと言えば、最後の二行で物語が全く正反対になる話として有名ですよね。

ということで、実際に私も読んでみました。

最後の二行で騙される!と噂をきいていたので、「最後の二行で騙される!騙される!騙される!」と思いながら読んでいました。

たっくんとマユがいい感じになっても、ラブラブになっても、二人に危機が生じても、「どこがひっかけなんだ!?!?!?!?」と思いながら一気に読み進めました。

なのに、結局トリックを分からずに、最後の二行まで辿り着いてしまいました(笑)途中で「え?」と思うことも多々あったのに関わらずに、見破ることができませんでした悔しい!

しかも、ここで事件が・・!!!!!

we-heart-it-via-flickr-cat-under-paper-1-jpg
出典 we heart it

最後の二行を読んだのに関わらず、よく意味が分からなかった!笑
最後の二行までざーっと流し読みの感覚で読んでいたせいでしょうね。イニシエーションラブのネタバレ解説サイトを読んでから、ようやく衝撃をうけました(笑)

え!そうなのか~だから、あそこがこうなってこうなっていたのか・・・・。なるほどあの時は・・けど、この時は・・・・。

そして、私もまんまともう一回読み返してしまいました(笑)

ここがイニシエーションラブが絶賛されるポイントなんですよね。

最後の数行で、どんでん返しする小説はたくさんあります。その中でもイニシエーションラブが際立っているのは、本当にもう一度読みたくなるからだと思います。

普通だったら再読したくなる小説とは自分の心に残った作品です。読んだ感動を思い出すために再読する人がほとんどなのでは??

しかし、イニシエーションラブが二回読みたくなる理由は違うんです。

イニシエーションラブは、一回目と二回目だと読む意味が変わってきます。
一回目は恋愛小説として二回目はミステリー小説として楽しめます。

「またまた~適当なこと言って!」と思うかもしれませんが、一度騙されたと思って読んでみて下さい!

普通の恋愛小説としても楽しめる!

イニシエーションラブはミステリー小説にカテゴリされがちですが、普通の恋愛小説としても楽しめます。

たっくんとマユの初恋を描くside-A(前篇)は、有川浩とかベタな恋愛小説が好きな人にはかなり好きだと思います。side‐B(後篇)は遠距離恋愛でだんだん気持ちがすれ違うほろ苦さが描かれています。

large
出典 we heart it

この小説のタイトルである「イニシエーション」とは通過儀礼という意味です。

side‐B(後篇)で、東京で働くたっくんの同僚は、初めて付き合った元カレの話でこう言ってます。

子供から大人になるための通過儀式。私たちの恋愛なんてそんなもんだよって、彼は別れ際に私にそう言ったの。初めて恋愛を経験したときは誰でも、この愛は絶対だって思い込む。絶対って言葉を使っちゃう。でも人間にはーこの世には、絶対なんてことはないんだよって、いつかわかるときがくる。

それをわからせてくれる恋愛のことを、彼はイニシエーションって言葉で表現してたの。

つまり、この本で書かれているたっくんとマユの恋愛は、イニシエーションラブ=通過儀礼の恋となるのでしょうかね・・・。

イニシエーションラブでは、初恋の始まりの甘さから終わりの苦しさまで描いています。普通に恋愛小説が読みたい人も是非読んでみてください!

不可能と言われていた映像化に成功!

異例の大ブームになっている「イニシエーションラブ」!
前田敦子と松田翔太主演で、映画化も決定してますね。

映像化不可能と言われている作品ですが、どうやって映像化するのか不思議ですね。

『20世紀少年』三部作、『トリック』『SPEC』といった作品を手掛けてきた、堤幸彦監督が映像化不可能と言われていた本作品の映画化をしたみたいです。

これは期待ですね!

個人的には、本を最初に読んだ方が映画を楽しみにできるんじゃないかなと思います。
是非なぜ映像化不可能と言われているのかを知ってから、映画館に足を運んで下さい。

一番最後のどんでん返しは・・・?

散々、イニシエーションラブについて語ってきましたが、こんな小説書いた乾くるみさんってどういう人なんだろう???と思って、検索しました。

驚かないでください。

心の準備をしてください。

検索しましたら・・・

え・・・?

えええええええええええええええええ!?!?!?!?

乾くるみさんって男の人だったんですね!!

img_eb46dd7f0188cc32151f3be0069c283125961
出典 週刊文春

個人的に、一番のどんでん返しでした。本書の最後の二行よりも、わりと衝撃的でした。

すっかり女の人だと思っていました。騙されました。果たして、乾くるみさんは人を騙すことが好きなんですかね。表紙といい、名前といい、女だという先入観を抱かせておこう感がありますね。なんてあざといんだ・・・。

乾くるみさん自体がどんでん返しが得意な作家さんみたいなので、イニシエーションラブにはまった人は他の作品に手を伸ばしてください!

みんなの口コミ、レビュー

初めて小説を読んで鳥肌が立った。最後の二行で本当にえぇ!?となり、意味がわからず最後のページを何度も読みなんとかわかると鳥肌が立ちました。いろんなところがすごい。
出典 読書メーター

ミステリーだと聞いていたのに何でこんなにベタベタな恋愛小説を読まされてるんだ…と思いつつ衝撃のラスト2行とやらが気になって読了。ところどころ違和感を覚えていたにも関わらずまんまと騙されました。
出典 読書メーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
読みたい!
12
Comment