TOP > 恋する(恋愛) > non-noが厳選した☆彡貴方にぴったりの作者が見つかる5つの恋愛短編集

2015.03.06(Fri)

non-noが厳選した☆彡貴方にぴったりの作者が見つかる5つの恋愛短編集

『恋のトビラ』 石田衣良/角田光代/嶽本野ばら/島本理生/森絵都

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恋する(恋愛)

『恋のトビラ』

石田衣良/角田光代/嶽本野ばら/島本理生/森絵都

読みやすさ:
読みたい!
1

こんな人におすすめ!

・出会いもないし、好きな人もできない
・好きな人がいるけど、何もできない
・色んな恋愛の話を読みたい

あらすじ

「ドラゴン&フラワー」主人公の透子が評判の悪い先輩と、性格の良い同期の間で迷う恋愛小説
「卒業旅行」異国の地で知り合ったバックパックの青年に足を踏み出す勇気を貰う恋愛小説
「flying guts」運が悪い主人公が、隣の部署の男子社員を好きになるラブコメディ
「初恋」高校生の主人公と、影のある先輩との切ない恋愛を描いた恋愛小説
「本当の恋」夏祭りの夜に出会った、ある男女の三角関係の行方を追う話(ラストは先に読んじゃだめ!)
・様々な恋愛を表した5つの恋愛短編集

恋したくなる!恋に前向きになれる短編集

皆さん、恋してますか?最近よく聞くのは、彼氏はいるけど・・・みたいなパターン。
皆いろいろ苦労しているんですね(遠い目)
以前に、友達からの印象的な話がありました。

3427691784_8092021ed4

「なんか、昔ってさ、小学生とか中学生って純粋に恋してたよね。今の恋愛ってお互いがどうかってより、自分の利益をよく考えちゃう気がする。この人といたら得とかどうかみたいな。その人自体の本質よりも肩書きばっかり見てる気がする。ちょっとうんざりする、最近

その友達の話を軽く聞いていました。小中学生の恋愛って純粋よりも、足の速い人とかサッカーできる人がモテた気がする・・・とか思っていました(笑)

なのに、その友達の言葉はずっと記憶に残っています。
多分、とっても可愛くて彼氏とラブラブそうだった友達が、不安げにそう言うのが意外だったんですね。

世間では恋愛は素晴らしい”恋愛至上主義”で溢れているし、昔はやりの歌手も「ラブ&ピース」で流行ったらしいし、愛と平和があれば世の中オッケー?なはずだけど、そんなに上手くいっている人って一体どのくらいいるんだろう?現実の恋愛は、打算や計算ずくめで、生活を癒すどころか、その恋愛で悩みが一杯になってしまうことばかり。

今回紹介するの「恋のトビラ」は、もう、恋愛なんていいや~って、うんざりした人にお勧めのアンソロジーです。

1457429942_2ea203486c

短編恋愛集から自分にぴったりの一話を見つけよう!

「恋のトビラ」は、ファッション雑誌「non-no」に掲載されていた恋愛短編小説を一冊にまとめた本です。
さすがnon-noだけあって、集めた作家は豪華!

例えば、サスペンス要素のある恋愛小説なら「本物の恋」がおすすめ。
高校生の主人公が夏祭りの夜に出くわしたある出来事を描いています。

恋愛に関する情報はあまねくこの世に溢れているのに、自分がそれをちっともうまく模倣できないことにいらだち、傷ついていた。

高校生の主人公の恋愛への失敗は、「あるある」って頷けるはず。最後のラストはびっくりするので、先に読まないで下さい!

他にも、切ない恋愛小説を読みたいなら、どこか影のある先輩と恋に落ちる「初恋」がおすすめ。

実際、そのときの私は本当に家にいるときはなにもしていなかった。勉強もテレビも映画も雑誌も、現実の前では霞んで見えた。
「一人でなにを考えているの」
私が一人でいるときに考えているのは先輩のことだけだったが、それは口には出さなかった。

その静かで切ない恋愛小説に惹かれる人も多いはず。
映画「ホットロード」が好きだった人は気に入ること間違いなしです。

この恋のトビラがおすすめなのは、色んな形の恋愛の始まりを書いた作品になっています!

恋のトビラは、10代後半から20代前半のオシャレな女子に読んでもらうことを想定してあります。なので、話の内容や会話は共感しやすく、読みやすい容量など細部に工夫が施されています。

是非、自分のお気に入りの作品を見つけたり、好きな作家を開拓してみて下さい♪

みんなの口コミ、レビュー

幸せで甘酸っぱい恋ばかりでなく、哀しかったり恥ずかしかったり色んな形の恋の香りが詰まった一冊でした。
出典 読書メーター

自分のことを好きでいてくれる人であればいいんだって共感できたり、恋をものにするには身軽さとか行動力が必要だなって学べたりした(^^)
出典 読書メーター

帯にある「読むだけで、恋したくなる」かどうかは別として、いろんなタイプのお話が読めてお得感あり。島本理生さんの「初恋」がよかった。100年たっても忘れられない想いは、きっと誰にもあると思うから。
出典 読書メーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
読みたい!
1
Comment