TOP > 本のまとめ > 胸キュンしたい♡島本理生の恋愛小説おすすめ5冊♡

2015.07.09(Thu)

胸キュンしたい♡島本理生の恋愛小説おすすめ5冊♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本のまとめ

胸がキュンとするような切なくて爽やあな恋愛小説が読みたい!

そんな貴方に紹介するのが、数多くの恋愛小説を手掛ける島本理生!
今回は島本理生の作品でも、厳選したとっておきの5冊を紹介したいと思います☺

 島本理生おすすめ① 一生に一度の究極の恋『ナタラージュ』

51Nssu2I+2L._SY344_BO1,204,203,200_
『ナラタージュ』島本理生

大学2年生の春、泉に高校の演劇部の葉山先生から電話がかかってくる。高校時代、片思いをしていた先生の電話に泉は思わずときめく。だが、用件は後輩のために卒業公演に参加してくれないか、という誘いだった。「それだけですか?」という問いにしばらく間があいた。
「ひさしぶりに君とゆっくり話がしたいと思ったんだ」
高校卒業時に打ち明けられた先生の過去の大きな秘密。抑えなくてはならない気持ちとわかっていながら、一年ぶりに再会し、
部活の練習を重ねるうちに先生への想いが募っていく。

不器用だからこそ、ただ純粋で激しく狂おしい恋愛小説。出典 web kadokawa

AMAZON

本の雑誌が選ぶ2005年の上半期のベスト10の第一に選ばれた本です。
20歳の主人公の女の子が一生に一度の究極の恋をするというのがテーマです。
2006年の本屋大賞でも、第六位に選ばれた作品。

恋愛の苦しさや切つなさを凝縮した一冊です。失恋した時に読みたいですね。

みんなの口コミ、レビュー

友人に勧められた本。 淡々と進んでく文章だからこそ、すごくすごくグッときた。先の展開は読めるかな。こんなにも誰かを好きになれるって本当に幸せなことだよな〜。特に最後のシーンでうわーってなってもーた。 久々にぎゅーってなる、いい恋愛小説が読めました。
出典 読書メーター

大好きな小説のひとつ。ふと読みたくなって再読。読後ヒリヒリする感覚が残る。でもこれで良かったのだろう。主人公の聡明さや強さ、深い愛にすごく憧れる。きっとまたいつか読み返したくなるんだろうな。
出典 読書メーター

恋愛の幸福感よりも、恋愛の痛みのほうが鋭く深く傷を残す。聡明な主人公には共感できるが、登場する男性達がすべてダメダメなのが妙にリアル。緻密で清廉な文体は魅力的。
出典 読書メーター

島本理生おすすめ② 恋愛に翻弄される主人公の成長『アンダースタンドメイビー(上)(下)』

51Nssu2I+2L._SY344_BO1,204,203,200_
『アンダースタンドメイビー』島本理生

(上)筑波に住む中学三年生の黒江は、研究者をしている母との二人暮らし。両親の離婚以来、家庭に居場所を見つけられずにいた。ある日、書店で目にした写真集に心を奪われ、カメラマンになるという夢を抱く。同じ頃、東京から転校生がやってくる。太めで垢抜けない印象の彌生に、なぜか心を奪われる黒江だった。(下)故郷でのおぞましい体験から逃れるように、黒江は憧れのカメラマンが住む東京へ向かった。師匠の家に住み込みながらアシスタントとして一歩を踏み出すが、不意によみがえる過去の記憶。それは、再び心を通わせはじめた初恋の相手・彌生との関係にも、暗い影を落とし出す―。出典 中央公論

AMAZON

島本理生の描く女子の黒江が成長していき、恋愛がメインで描かれています。
文庫でも単行でも上下あり、文章量はかなりあります。世の中の悪意にまみれてしまう黒江がどう成長していくのか、が気になって読む手が止まらなくなりました。最後の手紙のシーンはすごい泣けます!

読み応えがあって、えぐい恋愛小説が読みたい人におすすめ。

みんなの口コミ、レビュー

友達同士にも言えない悩みが女の子にはいっぱいあって、1つ1つのことにちゃんと向き合っていく黒江ちゃんが強い子だと思いました。『女の人というのは、たぶん僕らが思っているよりもずっと多くのものから傷つけられて、生きている。』
出典 読書メーター

作中、主人公は理解不能な行動を繰り返すが、それは空想上の絵空事ではなく、そういう障害が現実に存在する。決して自分を見捨てない、絶対的な庇護者を探し続ける黒江。その探し求める行為を終わらせることで、彼女の再生を描いた。
出典 読書メーター

島本理生おすすめ③ 初のラブコメディ『クローバー』

51Nssu2I+2L._SY344_BO1,204,203,200_
『クローバー』島本理生

ワガママで思いこみが激しい、女子力全開の華子。双子の弟で、やや人生不完全燃焼気味の理科系男子冬冶。今日も今日とて、新しい恋に邁進せんとする華子に、いろんな意味で強力な求愛者・熊野が出現。冬冶も微妙に挙動不審な才女、雪村さんの捨て身アタックを受け…騒がしくも楽しい時は過ぎ、やがて新しい旅立ちの予感が訪れる。理想の人生なんてありえないけれど、好きなひとと手をつないで、明日も歩いてゆきたい―。『ナラタージュ』の島本理生がおくる、キュートで痛快、せつなくて愛おしい、最新恋愛長編。出典 amazon

AMAZON

切ない恋愛小説を得意とする島本理生ですが、『クローバー』では双子の大学生を主人公にラブコメディに挑戦。
登場人物一人一人のキャラが濃くて、笑って、恋愛や切なさでキュンキュンできる小説になっています☺

恋のはじめや、明るい気分になりたい時におすすめの一冊です。

みんなの口コミ、レビュー

こーゆーの好きだーーー!!!何気ない大学生活にキュンキュンがつまっている感じ!!!雪村さんの「どうして色んなことがずっとは上手くいかないの」に共感!!!そして兄弟との時間を大切にしようと思う!!!とてもよい話でした!
出典 読書メーター

男女の双子の、大学生活のお話。島本作品にしては異質の明るい作品。双子の姉・華子は明るいキャラクターだけど、賢いのがいい。登場人物がみな筋の通った性格で、全体を通してなんだか品がある。読んでよかった。
出典 読書メーター

島本理生おすすめ④ 一千一秒の日々

51Nssu2I+2L._SY344_BO1,204,203,200_
『一千一秒の日々』島本理生

仲良しのまま破局してしまった真琴と哲、メタボな針谷にちょっかいを出す美少女の一紗、誰にも言えない思いを抱きしめる瑛子。真剣で意地っ張りで、でもたまにずるくもあって、でもやっぱり不器用で愛おしい。そんな、あなたに似た誰かさん達の物語です。いろいろままならないことはあるけれど、やっぱり恋したい、恋されたい―『ナラタージュ』の島本理生がおくる傑作恋愛小説集出典 amazon

AMAZON

爽やかな読み応えの短編集です。
軽やかなテンポで、切なくて爽やかな恋愛小説になっています。

色んなパターンの恋愛の形がでてくるので、共感できる貴方の気持ちが見つかるはず。
ちょっとした時間で読書をしたい人にもぴったりの一冊です。

みんなの口コミ、レビュー

別れ、失敗、報われない恋、どこにでもありふれていそうだけど、細かな描写にはっとさせられる。せつなさ、悲しさからのスタートだけど、絶望的ではなくてどこか明るさ、前向きさがある。 どんなに悲しくっても報われなくてもこんな素敵なひとになりたい、読んでいるとそんなふうに思う。出典 読書メーター

大学生、というか20代の恋愛を小説にぎゅっと詰めたらこんな感じになりそう。両想いであっても片想いであってもすごく詩的なのにつくりこまれてない自然な感じがすごい。さすが島本さんだ。出典 読書メーター

島本理生おすすめ⑤ こじらせ女子が初めて恋をした『よだかの片思い』

51Nssu2I+2L._SY344_BO1,204,203,200_
『よだかの片思い』島本理生

顔の左側をおおったアザ。からかいの対象にされ、恋愛はあきらめていた。けれど、映画監督の飛坂逢太と出会い、世界がカラフルに輝きだす。24歳にして恋愛経験値ゼロの理系大学院生アイコ。女性に不自由しないタイプの飛坂の気持ちがまったくわからず、時に暴走したり、妄想したり、大きく外したり。一途な彼女の初恋の行方は…!?切なくもキュートなラブ・ストーリー。出典 amazon

AMAZON

なんとなくお互い好きになって両想いになる恋愛ではなく、本当に片思いしてしまっているという人におすすめの一冊。

読後は重たくも爽やかです。
恋愛だけではないテーマ性をもっているので、是非読んでみてください。

みんなの口コミ、レビュー

顔にアザがあるコンプレックスを持った女性の恋愛。アザがある顔をまんま受け入れてくれる人の存在に強く惹かれ夢中になる主人公。引け目を感じながらの想いも、アザがない顔だったら、こんなにも強い感情を感じることができただろうか?と、コンプレックスを乗り越える強さを持ち、片思いに終止符を打って、自分らしさを確立して行く心情が頼もしかった。
出典 読書メーター

生まれつき顔にアザがあるアイコは、24歳になり初めて恋をする。今まで自分に自信がなかったアイコだが、好きな人ができて気持ちが上向きに変わっていく。服を買いに行ったり髪を整えたり、恋をするって楽しいよね。ミュウ先輩との関係も素敵。
出典 読書メーター

―――――

いかがでしたか?
自分でまとめていて、全て読み返してきたくなりました・・・笑

是非、貴方にぴったりの恋愛小説のバイブルを見つけてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment