TOP > 映画化 > 120万部超え!伊坂幸太郎の「グラスホッパー」が映画化☺!

2015.06.26(Fri)

120万部超え!伊坂幸太郎の「グラスホッパー」が映画化☺!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画化

(1)グラスホッパーの監督やキャストは誰???

 120万部を超えて、漫画化もしたグラスホッパーには熱烈なファンも多いはず。そこで気になるのは監督やキャスティングですよね!

 今回、グラスホッパーでは、「脳男」を手掛けた瀧本智行監督と生田斗真が再タッグを組みました。脳男はグロテスクで有名だったので、殺し屋を舞台にしたグラスホッパーの映画化にはぴったりのメンバーかも・・・?
元高校教師の主人公は生田斗真、生田斗真を狙う自殺専門の殺し屋鯨は朝の忠信が、ナイフ使いの殺し屋蝉は山田涼介がキャスティングされました。

images (2)

 映像化が難しいと言われていたグラスホッパーの映画化!是非、映画館まで足を運んでみてください。

(2)映画を見る前におさらい!グラスホッパーあらすじ☺

 高校教師の主人公は、スクランブル交差点での事件で彼女を失うことになる。その襲撃事件は闇の組織が仕組んだことだと知った主人公は、彼女の敵をとるために自ら闇の組織に探りを入れ始める。しかし、主人公の目の前で、押し屋によって事件の首謀者が殺されてしまうことになる。押し屋の正体を知ろうとしたことにより、闇の組織から狙われることとなった主人公の運命は・・?

 
 120万部突破のベストセラー小説「グラスホッパー」は、直木賞候補にもなった作品です。映画は、2015年11月7日に公開します。

(3)伊坂幸太郎読んだことないよ!っていう貴方にも!

 
 伊坂幸太朗は1996年にデビューした作家です。サントリーが公募していた文学賞からデビューし、瞬く間に人気作家へと上りつめました。新作は必ず売上ランキング上位に入る伊坂幸太朗ですが、伊坂幸太郎の小説には3つの特徴があります!

① 主人公のまわりのキャラクターの個性が強く、思いがけない方向にストーリーが進んでいくのに、主人公が巻き込まれていく。
② シリアスな場面を敢えて軽く書き、村上春樹の影響を受けたと言われるライトな文体で書かれている。
③ 伊坂幸太郎が仙台の大学を卒業しており、舞台はとにかく仙台!仙台!仙台!・・・(笑)

直木賞候補に何回も選ばれており、新潮社の人気作家ランキングでも1位に選ばれる人気を誇っています。是非、この機会に伊坂幸太郎の作品を読んでみてください!

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment
Tag